口笛吹いて

2017/10/11

主に人生に疲れた人たちのお話が4つ。この内容に共感できるほど人生経験の乏しいオイラにはいまいちピンとくるものはなかった。子供を失った小学校教師の苦悩を描く「春になれば」は面白かった。

口笛吹いて (文春文庫)

口笛吹いて (文春文庫)

  • 作者: 重松清
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/03/12
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 131回
  • この商品を含むブログ (36件) を見る