今年もグループホテルに23滞在し、Starwood Preferred Guestのプラチナ会員資格が、2019年2月末まで更新されました。

f:id:PECHEDENFER:20170917153828j:plain

暦年中の25滞在または50泊がこの会員レベルの更新条件ですが、2滞在分はクレジットカード(SPG アメリカンエキスプレスカード)の付帯特典で。

 

このクレジットカードでは、多くの加入者にとって一番重要な特典は、SPGのゴールド会員資格の付帯でしょう。毎年プラチナ会員を更新する場合、無意味な特典です。ただ100円当たりのクレジットの利用で1 Starpointが得られ、これは最大1.25 mileになります。(20,000 pts一括変換が条件。)レギュラー版アメックスの利用では、100円の利用が0.8 mileにしかならないのですから、陸マイラーをやるにしても差は明らか。

 会費は3万1千円とお高いのですが、一泊の無料宿泊特典も付帯しており、その一泊で「元が取れる」場合もあります。まずは納得価格。この辺は旅のスタイルによって、事情が変わってくる点です。

 言うまでもなく、ホテル代が高い都市に行かなければ、元は取れません。

 

今、Starwood Preferred Guestでは宿泊ポイントボーナスのキャンペーンを行っています。11月30日までの登録が必要ですが、9月12日から来年1月15日までの間、

St. Regis, The Luxury Collection, W, Le Méridien, Westin, Sheraton, Tribute Portfolio, Design Hotels

の宿泊では1滞在あたり1,000 Starpointsが、

Aloft, Element, Four Points

の宿泊では、1滞在あたり500 Starpointsが得られます。さらにこの期間に25泊以上行うと、10,000 Starpointsが加えて得られます。

 

会員資格の基準になる宿泊は暦年で数えられるため、年末が近づくにつれて資格延長を果たす会員が増えます。基準に達した会員が別のホテルチェーンを利用しては、Starwoodとしては困るわけです。そういう不信心な会員へは、資本主義の一撃。米系らしいやり方です。

 登録すれば1滞在あたり1,250 miles稼ぎ出せるのです。BAの中距離エコノミーで飲み食いするのにちょうど良いぐらい。SPGのやり方に感心しようが、眉をひそめようが、もらえるものは貰っておきましょう。